ほねっこアニメ部屋

俺たちは腐っているんじゃない、発酵しているんだ

-----

--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10-12

2015

「リトルウィッチアカデミア」と「ここさけ」を見てきました

今日は朝から夕方まで映画館にこもってました、ほねっこです
そんでもって、素晴らしい作品の熱に浮かされて感情任せな感想を書きまーす!

Littele Witch5570121e89ba6
リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード
2015年度ナンバーワンアニメ当確です!
とってもアニメーションらしいアニメーションでした!
とにかくキャラクターが動きまくる!エフェクトアニメーションも豪華!

お話はド直球王道!
世界観の導入もとても分かりやすくシンプル!
キャラクターは短編なので見た目からどういうタイプの人間か分かるような、分かりやすいデザイン!

こういう単純なお話で、「絵が動く」というアニメーションの原点ともいえる魅力を前面に押し出した作品って本当に好き!
笑って泣ける、純粋なワクワク感が止まらない最高の作品でした!

kokosakep.jpg
心が叫びたがってるんだ。
隣の禿散らかしたおじさんがずっとスンスン泣きっぱなしだったし
上映後に白髪交じりのおっさんが主題歌口ずさんでたし・・・
お兄さんもホロリと泣けて、前向きな気持ちになれました!
長井龍雪/田中将賀/岡田麿里の仲良し3人組最強ですね!

全体の絵作りは等身大の高校生に焦点を当てた青春群像劇ということもあって、写実性を前面に押し出しており、とても落ち着いたつくりになっていたと思います
写実的とはいえ、キラキラの特殊効果や実写風の凝ったカメラワークはなく、とてもアニメ的な印象でした
同じような作品でこれもまた最高だった「たまこラブストーリー」はそれと対照的に、特殊効果バリバリの主張しまくりのカメラワークでしたね
同じような題材を「ここさけ」と「たまこラブストーリー」とで違うアプローチーで表現しててとても興味深い

マリー節もバリバリ!
僕の個人的な見解として、マリー節には「さり気ないホワイトマリー」と「自己主張するブラックマリー」とがあって、ホワイトマリーは大好きなんですが、ブラックマリーは非常に不快に感じるんで、とても評価に困る脚本家の方なんですよねw
ミクロ視点ではイラつくけど、作品全体のマクロ視点では面白いというか・・

ブラックマリーって、アニメで視聴者側が期待すること、安心する暗黙の了解みたいなものを意図的にぶち壊している節があるような。。良い悪いは別にして、あえてこちらを不快にさせてるんじゃないか?

今作でいうと
じいちゃんに「この卵に言葉を封じ込めるんじゃ。たとえばあの女とヤリてーとか。」というセリフを言わせたり
高校生を廃墟になったラブホテルに入れて青臭い芝居させたり
舞台劇のタイトルを「青春の向こう脛」っていうこれ見よがしなタイトルにしたり
この辺が僕の嫌うブラックマリーですね

narusejun1.pngkannnacharacter03.png

最後に主人公の順ちゃん!
性格は正反対なんだけど、僕には「あの夏で待ってる」の谷川柑菜ちゃんが何度も頭をよぎりました・・・
キャラデも似てますが、このキャラが動くともっと似てるように感じてしまう・・
監督作監さんがおんなじ人なので、驚いたり照れたりする仕草や表情までもがそっくり!

あああああ柑菜あああああああ!!!!
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。