ほねっこアニメ部屋

俺たちは腐っているんじゃない、発酵しているんだ

-----

--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10-18

2014

「テラフォーマーズ騒動」に見るネット配信の可能性

SHIROBAKOが面白すぎて昨日なかなか寝付けなかったほねっこです!

テレビで放送されたテラフォーマーズが、至るところに黒塗りの修正が入っていてちょっとした話題になりました
プロデューサーから急に修正指令が来て、編集さんが夜なべしたんじゃないかなーなんて想像しちゃいます
しかし、そんなテラフォーマーズがなんとニコニコとGyaOで無修正版が放送されるそうではありませんか!

TVアニメ「テラフォーマーズ」、オリジナル版での振り返り一挙配信が決定! 第1話から第3話まで

テレビはダメで、ネットはオッケー。ネットの方が映像に対する規制が緩いみたいですね
当然、規制が緩い方が作品にとっては好ましいはず

そんな「テラフォーマーズ騒ぎ」を見て再認識したのですが、ネットを積極的に使えばアニメの表現の幅が広がるのではないのでしょうか?

テレビは放送コードの厳しさのほか、1話20分前後(OPED・CMを除く本編の時間)という時間の縛りもあります
ネット配信ならば、その縛りを取っ払うことができるので、テレビよりも自由な作品が作れると思うんです

依然としてテレビ放送の影響力とプロモーションの力は絶大ですが、ファーストウィンドウ(最初にユーザーに公開される媒体。テレビ、ネット配信、劇場など)をネットで実施する作品もチラホラと出始めています
事実、ガンダムUCはテレビの放送時間の縛りを嫌い、劇場公開とネット配信バンダイチャンネルの会わせ技にしたとか
ガンダムというコンテンツを最優先させたこの決断も手伝って、空前絶後のパッケージ売上を記録し大成功をおさめてます
最近では、セーラームーンがニコニコ動画で世界同時配信をやってましたね

近年では急速にネット配信環境が整ってきており、アクセス数も順調に伸びています
より良い作品を作るためにはどこで公開した方がいいのか?
そう考えたときに、テレビではなくネットを使う、という判断がなされることが今後増えてくるのではないのかなあと思います

この記事書いてて思いついたのですが、課金した人だけがアクセスできる環境で、放送コードに引っかかるエッチなアニメを見れるようにしても面白いんじゃないかなー
結構うまくいくんじゃないか?変態大国ニッポンを信じろ!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。